漫画喫茶を知り尽くそう

漫画喫茶とは?

漫画喫茶とは漫画を読むことを目的とした喫茶店のことを言います。
または漫画喫茶とは、数多くの漫画を取りそろえた喫茶店の事を指します。

 

普通の喫茶店では、飲食や待ち合わせなどが主な目的となりますが、漫画喫茶では漫画を読む事自体が大きな目的となっています。
現在ではインターネットカフェとほぼ同じですが、漫画が置いてあることが大前提になります。

 

ドリンクはフリードリンクの場合もあれば単品での注文の場合もあり、軽食やスナックなどのお菓子類を販売しているところもあります。

 

漫画を読むスペースは個室かオープンスペースがほとんどで、個室になると色々な種類の個室が用意されていることもあります。二人用の個室やマッサージチェアのある個室など様々です。また、2011年4月から漫画喫茶の個室営業は風営法の許可がない場合は違法という指導を強化しています。

 

料金は時間制で、基本料金プラス延長料金を支払うというのが一般的です。料金プランも多様で、パック料金や時間帯によってはフリータイムなども設定されていて、通常料金よりも安く利用することも出来ます。

 

最近では需要の多さから女性専用や禁煙、シャワー付きなど清潔で過ごしやすい様々なサービスを提供するネットカフェも増えています。

漫画喫茶の発祥

漫画喫茶は日本初のシステムで、近年は海外にも波及している独自のサービスです。漫画が日常にある日本ならではの発想と言えます。
発祥は愛知県名古屋市名東区で営業していた「ザ・マガジン」と言われています。

 

今では様々な進化を遂げています。現在の漫画喫茶では個室がある所が多く、パソコンが常備されている事も珍しくありません。そのため、インターネット喫茶(ネットカフェ)と呼ばれる事もあります。

 

黎明期の漫画喫茶は、漫画がぎっしり入った本棚と、大きな机とたくさんの椅子がある図書館のような空間でしたが、現在は棚スペースと個人ブースが備え付けてあり、書くブースにパソコンや長居出来る椅子があり、飲食や寝泊まりも可能なネットカフェが普通になっています。