多様化する漫画喫茶のサービスとは?

漫画喫茶=インタネットカフェ

漫画喫茶とはもともと有料でたくさんの漫画を読むことができる場所でした。
ゆしかし、そこから派生してインターネットカフェなど様々な形態のサービスが生まれました。
いまでは漫画喫茶とインターネットカフェはほとんど同義語として使われています。

漫画以外のサービス

多くの漫画があるのはもちろんですが、他にも、雑誌や新聞といったものを楽しむことができ、店舗によっては、図書館並みに揃っているところもあります。

 

パソコンで最新の映画を見れたり、ゲームもできます。

 

他にも種類豊富なドリンクバーやソフトクリームがある店舗も数多くあります。これらはフリードリンク(無料)のところが多いです。
漫画喫茶自体の料金が高くても一時間300円ぐらいですし、飲み放題なのでとても割安感があります。

 

中にはビリヤードやカラオケの設備があるところもあり、客は様々なサービスを利用しています。

 

ほとんどの店舗が24時間営業であり、シャワーの設備がある店舗を宿泊施設代わりや、仮眠スペースとして利用することもあります。時代とともに漫画喫茶は進化しています。

女性のためのサービズ

ネットカフェはネットをしたりマンガを読んだりするところというより、安く寝泊まり出来る場所として世間には認知されていますが、料金やサービスが横並びになってきている今、差をつけて少しでもお客さんを呼び込もうと、いろいろな工夫をしているネットカフェが多く存在します。

 

例えば、女性専用フロアやコーナーを設けているところです。宿ではなくてもが寝泊まりするとなれば、シャワーを浴びたりすっぴんになる機会があります。

 

その場合他人の目が気になる女性は多いでしょう。女性専用で、男性の目が無いと言うだけでもかなりの安心感があります。
化粧水などのアメニティもホテル並みに充実していて、美顔器などの貸し出しも行っているところもあります。